bluewheelの日記

何者でもない人間のひとりごと

読解力

某有名ジャーナリストがおかしなことを書いていた。

確か読解力がどうたら、というタイトルがついた文章だった。
ある調査によると、子供の読解力が落ちているらしい。こういう子供たちが大人になると、いろいろと問題でしょう? みたいな方向に話が進んでいくのだが、持ち出される例が微妙にズレてくる。仕事で取引先の注文にきちんと答えるには、置かれた状況の把握もきちんとしていなければいけない、他人の性格や心情、表情や振る舞いも考慮しなくてはいけない、というふうに文章外の事柄が次々と持ち出されて、お終いには社会的成功者の有能さを示すエピソードを紹介して、結びに入っていった。

テーマが少しずつズレていき、本来論じるべき読解力の低下をどうするか、ということ放置されてしまっているわけだ。

言葉の使い方も不自然だった。例えば「相手の気持ちを察する「読解力」」というふうに、「空気」や状況を把握することに対しても、「読解力」という言葉を使っていて、かなり違和感があった。

でも、自分以外で実際にあの文を読んだ人が、同じように違和感を感じたかはわからない。読解力がテーマなのに、広い意味でのコミュ二ケーションについて語っている、という解釈ができてしまうので、極端におかしな印象を与えないようにできているのだ。

思いっきり茶化してやろうと思っていたが、彼の記事には最低限の防御が施されていた。さすがはプロのジャーナリスト、ということか。それでも、理屈や論理を軽視してるなぁ、という感じ。あと、「読解力」って、「どっかいりょく」と発音するんだね。知らなかった。